株式会社トータルヘルスケア グループ/交通事故

HOME>交通事故

交通事故によって怪我を負ってしまった患者様へ

THCグループでは不幸にも交通事故によって怪我を負ってしまった患者様への治療をすることができます。

交通事故に合われてから、当院に来院されるまでの簡単な流れ

交通事故に合われてから、当院に来院されるまでの簡単な流れ01

交通事故

事故が発生した場合まずは警察と加害者の保険会社への連絡をして下さい。被害者ご自身も自動車保険等に加入してる場合には、ご自身の保険会社への連絡も必要です。
警察への連絡を怠りますと、事故そのものを証明できなくなってしまうケースがあります。

 

交通事故に合われてから、当院に来院されるまでの簡単な流れ02

専門医を受診

交通事故に合われて怪我をしている場合、まずは専門医(総合病院や外科・整形外科など)を受診し診断書を発行してもらって下さい。
その際、診断書に自分が怪我をした部分のことが正しく正確に記載されているか確認してください。例えば、首と肩と手首を負傷しているにも係わらず、首のことしか診断書に記載されていなかったりした場合、後々患者様の治療をする際に不利に働いたり、再度その病院に行っていただく必要が出る場合があります。

 

交通事故に合われてから、当院に来院されるまでの簡単な流れ03

警察署

事故発生場所の所轄警察署へ行き、人身事故扱いにしてもらってください。
これをしないとその交通事故は物損のみの事故扱いになってしまう場合があります。

 

交通事故に合われてから、当院に来院されるまでの簡単な流れ04

保険会社へ連絡

加害者の加入している保険会社へ連絡し、人身事故の担当者に当院に通院する旨をお伝え下さい。

 

交通事故に合われてから、当院に来院されるまでの簡単な流れ05

当院へご来院下さい

当院へご来院下さい。

※ご不明な点がありましたら、まずは何をしたらいいのか当院にご相談下さい。
親身になって対応させて頂きます。

 
 
当院では損害保険会社と患者様の橋渡しを公正中立の立場を持ってさせて頂きます

体のことだけではなく、事故のことでわからない点や損害保険会社への対応の仕方などお気軽にご相談下さい。
下記は、当院で実際にあった実例です。

交通事故に合われてから、当院に来院されるまでの簡単な流れ01

交通事故に合ったAさんが治療をしていて2、3ヶ月経過した時、損害保険会社の人身事故担当者から電話が入りました。

当院で実際にあった実例

交通事故に合った経験の無いAさんは言っていること自体もよくわからずに、郵送されてきた示談書にサインをし郵送してしまいました。

この場合、患者様の症状の残存の有り無しに係わらず、この時点で一切の治療は終了となってしまいます。当然医学的に、この症状ならこのくらいの期間が治療は妥当という目安はありますが、それはあくまで目安です。治療期間を決めるのはあくまで医師や施術を担当した物がするのであって、保険会社が決めるものではありません。

患者様ご自身がその後納得して示談できるよう、当院は公正・中立の立場から客観的に患者様の状態を把握し、全力でサポートさせて頂きます。